事業内容

  • シールドトンネル工事において地山の陥没や崩落を防ぐため、
    掘削壁面とセグメントの間に2液可塑性モルタルを充填します。
    裏込注入システムのPDFへ 
  • シールドトンネル工事において掘削土砂の保水性を高め、
    かつ流動性を持たせるため、粘土・ベントナイト縣濁液に
    代表される加泥材を掘削面(切羽)に添加します。
    加泥注入システムのPDFへ 
  • 切羽あるいはチャンバー内に特殊起泡剤で作られた気泡を
    施工条件に最適な設備で注入しながら掘進し、
    微細なシェービングクリーム状の気泡が掘削土の
    塑性流動性と止水性を向上させます。
    気泡注入システムのPDFへ 
  • シールドトンネル工事により発生する建設汚泥の性状を
    土質改良プラントで改善し、運搬や処分を容易にします。
    プラント改良工法のPDFへ 
  • モアークリート(分離低減剤)は、コンクリートを均一にして、
    クラックを低減します。
    モアークリートのPDFへ 
  • 建設現場で発生した土に、流動性を高めるため、
    調整泥水と粒度調整材と固化材を適切な配合で混合した
    画期的なリサイクル処理土です。
    流動化処理土のPDFへ 
  • 様々な重金属等(第二種特定有害物質)の不溶化が可能です。
    自然由来の鉛(Pb)、砒素(As)およびふっ素(F)に優れた効果を
    発揮します。
    不溶化材のPDFへ 

本サイトのPDF文書に関して

本サイトで公開しているPDF文書を閲覧するにはADOBE READERをあらかじめインストールしておく必要があります。ADOBE READERのダウンロードはこちらのサイトから行ってください。

ADOBE READER

当サイトの画像及び文章 記述の無断複製 無断転載を禁止いたします。