システム紹介

  • HOME
  • システム紹介:中詰注入システム

中詰注入システム

シールド工法においては、新設管設置にともなう二次覆工を中詰材(エアモルタルなど)を注入施工することで、 埋設管の変形などを防止し、固定または保護をおこないます。
エアモルタルは、軽量で流動性がよく圧送性に優れているため、管布設工事の中詰材に多く採用されています。

二次覆工の用途
  • 上下水道工事の中詰充填。
  • FRPM管の中詰充填。
  • トンネル工事における管の中詰充填。

二次覆工の用途

中詰作液フロー

中詰作液フロー